--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.23(Thu):小説
こんばんはー。
お題つまようじ小説、本編始まるよー!

っとその前に。
ハック関係の事が知りたい方は前の記事に書いてあります。
要は、担当者が居なかったんで、明日また電話するよ。




では、話戻して
第一話
「つまようじの切なる願い」
つまようじさんは、いつもご主人様の歯に、おかず・・ひっかかれ!!と願っていた

甘いものを、歯につまれと念じすぎ、ご主人様が虫歯になったこともあったろう。
硬いものを、歯につまれと念じすぎ、自分の力ではどうしようも出来ないほど奥に詰まってしまったこともあったろう。
そのせいで自分は半分に折られ、折って作った鋭い先で詰まってるものを取ったんだ
実はそれ、もう自分じゃないんだ。
俺は、折らないでいる、完全なつまようじでしかないんだ
折ったら死んでるじゃん!
つまようじさんは、ある程度大きいゴミが歯に詰まってほしかった。
死なずに任務を遂行できるからである。
しかし現実は厳しく、何時も私達つまようじを人間が必要とする時は、細かいゴミが詰まったときであり
高確率で折られる。
つまようじ界もなかなかシビヤなんです。
人間には、つまようじを必要としない、長い爪というものがあり、爪でほとんど取れてしまうんだ。
爪でゴミなんて取るのは下品だ!そう思う人間のみが、私達つまようじを使ってくれる。
事実、つまようじ(以下楊枝)も爪を使ってゴミを歯から取る事は、下品だと思っている
そうでもしないと、使ってもらえないですからね。
更に、天敵とも言える例外がある。
それは、子供が楊枝を遊び道具として使う場合である。
歯のゴミを取り除くために作られた楊枝としては、いい迷惑。
子供「おかーさん!見てみて!つまよーじの積み木!」
母親「ほらほら、そんな食べ物を食べるための物で遊んじゃだめでしょ。」
子供「はーい・・・」
ポイッ
楊枝(えっ!?捨てるの?まだ俺開封されて10分経ってないよ?)
楊枝「ちょ、そんな・・・。使ってよー!!まだ用途あるでしょ?><」
聞こえるはずがない。
割り箸「俺だってさっきまで子供に遊ばれてたんだよ。もう、ご飯を一粒もつまめずに人生終わるのか・・・
楊枝 「歯のゴミを取り除く私自身が、何もせずゴミになるなんて・・・」
現代っ子はどうしてこんなにもったいないことをするんだろう。
割り箸「私が生まれた頃(植樹された時)はこんなんじゃ無かったよ。何度も何度も使われてたんだ。」
楊枝 「え?マジで?(それはそれで衛生的にヤバいんじゃ・・)」
割り箸「あぁ。それはもう、俺の祖粗粗粗粗粗粗粗祖父なんて、家族全員で使いまわしされたらしいぜ
    なんてうらやましいんだ。それに比べて今は・・・」
楊枝 (何年前だー!!でも、そんな昔って家族も多かったのかな・・・楊枝は、一人が使うと楊枝の先が
無くなって、使いまわしでも折って2人・・って!折ってなんて。。
私は何を考えているんだ。)」

楊枝と割り箸が、昔の思い出話をしていたその時・・・!


To Be Continued・・・
2012.02.21(Tue):小説
第一話「つまようじ」

つまようじの小説を始める前に、つまようじについての基本情報をおさらいしましょうかね。
爪楊枝(つまようじ)の「楊枝」は、元は歯の垢を取り除き、清潔にするために用いられた仏家の具で、「総楊枝・房楊枝(ふさようじ)」と呼ばれました。
主に楊柳が素材として用いられたためで、「総楊枝」は先を叩いて「ふさ」のようにしたためで、
「爪」は、「爪先の代わりに使う楊枝」の意味。
噛むことは虫歯の痛み止めに効くと言われてますが、効果は無いそうです。

はい。
これくらいでしょうかね。
この事を踏まえて、次回からの本編を楽しんでもらえるかと思います。

まぁ、基本情報なんて、関係無いこと書くんですけどね。 (ぉぃ
2012.02.20(Mon):小説
ちょっと、今小説みたいなの書いてる場合じゃないんですが、少し違うことも書きますかね。
ずっとピリピリしてたら読者さんだってピリピリしちゃうでしょ・・w
というわけで、このブログに関しては、明るくいきましょー!ということで。
もちろん、本来のハックに関しての記事も更新します。
今はできないので、つなぎ?みたいな感じだと思ってください。
では、リクエストされましたので、小説「つまようじ」書きます。
非常に難しいお題なので、急に終わるかもしれませんので、ご了承願います。

次回より第一話「つまようじ」
2012.01.05(Thu):小説
話の流れがプロローグで米にはずれてしまいました。
あと何話かで餅に戻そうと思います。

では、第二話「白米」

ウイルスをジパングの主食、米へと移行される事実を知った市民は怒り狂った。
そしてそれを阻止するべく、ちゃいにーず。 即ち中国に、一定の金と引き換えに交渉をするのだった。
じぱんぐ使者「我らが主食、白米がウイルスに犯されるなど、あってはならない事なのです。
      このままでは我ら国民は全員死亡し、滅亡の一途を辿るだけです。このような事態を、誰の相談       もなくモチ教授は独断で決めました。これは独裁ではないか!何が世界平穏のための犠牲だ!         あまりにも犠牲が多すぎる!」

中国領事 「それもそうですが・・他の国々が同調しておりまして・・こちら側としましても即決で止めるという訳に      もいかないのですよ」
じぱんぐ使者「それでは・・わが国で産出される純金の半数を、無効30年間でどうでしょうか。
中国領事館「!!」

それもそのはず。
ちゃいにーず。即ち中国の経済は赤字で、崩壊寸前を迎えているのである。
これをモチ博士らに参加した国々は”中国が参加すれば50年間食料を与える"という条件を出してきた
選択の余地は無く、受け入れてしまえば中国は晴れて社会主義となるのだ。
これに対してジパングは、世界一裕福な国と言っていいだろう。
ジパングが条件とした"30年間、金の産出量の半数を渡す"という条件を出してきた。
これはどういうことか、中国は経済危機にあり、市民が欲しがっているのは食料ではなくお金だ。
そして、50年分の食料と、30年分の純金ならば、明らかに純金の方が価値があるのである。
何故なら彼ら国民の皮膚は薄い純金で構造されるからである。
白米を食べて金が出来る。
そんな話があるものか。
しかし彼らは大昔、なんらかの遺伝子を取り入れそんな体になってしまったのだ。
誰もが欲しがる金の体だが、ジパングの国民はコンプレックスを持っているほどだった。
そのジパング国民の皮膚を落とすことができ、一時的に国民はコンプレックスから回復できる事となる
中国は経済危機から免れ、30年の間に復興をすることも可能だ。
双方の国にとって利益しかない取引である。

中国はその取引に同調した。
同2198年7月
中国はモチ教授の白米ウイルス移行計画に不参加表明を出し、その頃からジパングからは金が送り届けられた。
中国国民は終に150年に及ぶ経済不安から解消されたのである。

2198年8月、なんとしてでも白米にウイルスを移行させたい諸国は、中国に対し宣戦布告をした。

第一次柏餅戦争の始まりである。

次回「第一次柏餅戦争」
2012.01.04(Wed):小説
久しぶりの自作小説ですよー!
今回も超展開にしてありますのでw
どうぞお楽しみにっ

「柏餅(かしわもち)」プロローグ「柏餅」

ある日。もち米に未確認のウイルスを、カシワ・モチ(2186~2224)教授が発見した
この話は カシワ・モチ教授がウイルスを発見してからウイルスが終息し終えるまでの話である
カシワ・モチ教授(以下モチ)は、まず、ウイルスを今すぐ駆逐せねばならないと思った
何故ならば、このウイルスは食べた本人には不治の病を発祥するが、感染力は皆無。
ただし柏餅から柏餅へのウイルスの感染力は絶大である
よって発見してこのウイルスを世間に発表するまでの3日間
この3日間でどれだけの柏餅にウイルスがついているのか、見当もつかない
そういっている間にも世界の柏餅は今でもウイルスの繁殖が行われている。
モチ教授は長年の研究の結果、ウイルスを別の食物に移行する技術を行った
その食物こそ、ヨーロッパ、アメリカなどではあまり食べられない白米だったのだ

各国は米の食用を一切禁止し、主食をパンに変えた国がほとんどだった
しかし、それでも白米を食べると言ったジパングという国民は どうなったのか。私たちには分からない。

※ ジパング=日本(マルコ=ポーロ 黄金の国ジパングより)

彼らは生まれつき 金箔まみれであり、キラキラの彼らは常に最高の白米を愛していた
白米を手放せなかったのである
じぱんぐ国民「白米のない国なんて!ありえない!」
じぱんぐ国民「この美しい白米を、柏餅にするとは、どういうことか!」
キラキラの国民はそう口にした
そんな彼らを

モチ教授はこう言った 「お前ら白米ごと金になりやがれ」
教授の側近「恐れながら・・玄米にしてやったほうが良かったのでは・・・」
モチ教授「!!」
しかし遅かった。
この時、モチ教授は26歳 西暦2198年7月のことである。
世紀末の悲劇とはこの事でありましょうか・・・

世界の命運はモチ教授に委ねられた。
ウイルスを駆逐することは本当に可能なのだろうか。

プロローグ 完

次回、第一話「白米」




この物語はフィクションです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。