--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.12(Sat):謎解き
正月期間、暇~w

ということで、謎解きを貼ってみます
答えは来週月曜か火曜あたりに公開します
元ネタ言うと調べられるので伏せますね。
回答はしてもらっても構いませんが、解説はお控えください。


テレビで流れる正月特番にも飽きてきた頃、今日から僕の通う小学校も3学期が始まった。

クラスメイトが「お雑煮美味しかった」「紅白を最後まで観た」といった声があちこちで上がる中、「親戚から合計10万円もらった」という猛者まで現れた。 小学2年生にしては、いささか不相応な感じが否めないが。

このお年玉、僕は未だかつて貰ったことがない。というのも、僕には両親がいないからだ。
今は父方のおじいちゃん、おばあちゃんの家に3人で暮らしている。
一度、二人に「何で僕にはお父さん、お母さんがいないの?」と訊いたことがあるが、「国連の職員で、今はジャングルにいる」や「両親ともに自分探しの旅に出た」と言ってお茶を濁してばかりだったので、諦めた。 おそらく、どこかで生きてはいるんだろう。

物心ついた時には既におじいちゃん、おばあちゃんと暮らしていたので、僕には両親の記憶というものが皆無だ。お年玉という風習も、小学校に入って初めて知った。
そこで去年のお正月、おじいちゃんに「お年玉、僕ももらえるの?」と訊いたが、普段風邪のひとつもひかないおじいちゃんが急に咳をゲホゲホしだして、「すまないが、年金暮らしの身にはそんな余裕もなくてな。 来年から消費税も上がるし」と、切ない事を言い出した。そんなおじいちゃんの歯にはプラチナが輝いている。
その場にいなかったおばあちゃんにも、きっとおじいちゃんから根回しがされるだろうから、二人からお年玉をもらうのを泣く泣く諦めた。

そんな回想をしながら帰宅すると、玄関に知らない女の人がいた。
おじいちゃんかおばあちゃんの知り合いかな?と、僕が声を掛けると、女の人は僕を振り返って驚いた表情を見せた。
「もしかして、タカシ・・・君?」ちょっと低めの声で問いかけてくる。
女性にしては長身で、168cmのおじいちゃんより若干高いくらい。白いワンピースに、高そうな毛皮のコートを羽織っている。首にはピンクパールのネックレスを付け、 足元はワンピースの色と同じく、白いハイヒールという出で立ちだった。女性の年齢は分かりづらいけど、その女の人は同級生の親達と一緒くらいに見える。ほっそりした顔はなかなかの美人だ。

ところでこの人の顔、どこかで見たことある様な気がする…。
「はい、そうです。どちら様ですか?」と、僕は問いかけた。これは当然の質問だろう。
ところが、その女の人は僕の質問に答えずに、笑顔になって僕に白い封筒を差し出してきた。

「大分遅くなっちゃったけど、これアナタにあげるね」
受け取ってみると、名刺よりも一回り大きい糊付けされた封筒だった。一見何の変哲もないが、宛名を書くところにこんな言葉が書いてある。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
始まりは「巳」の時
ヘビ・ヒツジ・ニワトリ・リュウ・ウシ

1:ポ
2:ー
3:チ
4:ラ
5:ブ
6:レ
7:タ
8:ー
9:ロ
10:ウ
11:ソ
12:ク
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

意味が分からない。混乱する僕に、女の人が「その問題を解いたら、封筒の中身がきっと分かるはずよ」と言ってきた。知らない人にいきなり謎を出される僕の人生は、これからどうなるんだろう?

僕はもう一度その文章に目を落とした。正月休み明け早々何をやらされるんだ、僕は?
待てよ・・、この動物達に12までの数字。そうか、そういうことだったんだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。