--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.31(Sun):小説
久しぶりの小説です。
リクエストにありました
「衣擦れ」
私が考えると何か変な方向へ行って完結まで持っていけないようなので
構想まで少し時間を下さい。

では「合言葉」

世の中、信じられる者は数少ない。
信じ合う(通じ合う)者はその証として、それぞれの「合言葉」を所有していた。

宇田博文「おい!今週の週刊誌買ったか!?」
高居亮輔「もちろん買ったよ!」

彼らはコンビニからそう遠くない公園で話をしていた。

宇田「半額分払い合って、見合いっこするんだよな!」
高居「ああ、そうだ。そのつもりでいる」

宇田「合言葉は?やっぱこれがないと信用できないんだ。
   お前が先週分の持ってきてるかもしれないしな、疑ってるわけじゃないからな!」






















高居「海がめの産卵。」
宇田「よし・・」
・・・

宇田「来週分もまた頼むぞ!」
高居「任せとけ!」



はい。
超短編でした。
海がめの産卵に笑っていただければ幸いです。
まぁ
笑わないよねー。

また新しいの考えます。

では次回をお楽しみに。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://rivea1150.blog135.fc2.com/tb.php/172-50c3a619
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。